本の電子書籍化(自炊) 画像の編集

スポンサーリンク
ミニマルライフ

こんにちは、ヒスイです。

本の自炊でスキャンすることができたら、私はPDFになった本のデータを確認して必要なら画像を編集しています。

今回は1000冊以上自炊してきた私が、簡単に画像の編集について写真でわかりやすく解説していきます。

自炊、裁断、スキャンを詳しく知りたい人は以下の記事をどうぞ。

画像の編集について

自炊はスキャンして終わってもいいんですが、間違えてスキャンした場合や、きれいな画像にするためには編集が必要です。

私の場合は余分な所をカットして、データの不備がないか確認して、きちんとした見開きにするために一手間加えています。

実際の画像編集の方法

私が実際に使っているパソコンはMacBookAirです。

今回はMacでの画像編集のやり方になるのでご注意ください。

Windowsでもアイコンは多少違うかもしれませんが、画像の編集はできます。

① 画像編集したいPDFを選択

今回も進撃の巨人12巻を参考にしていきます。

前回スキャナーでスキャンした「進撃の巨人12」のデータを開きます。

すると以下の画面が出ます。

② 画像のサムネールを出す

画像の矢印の所を押すとさらに選択するボタンが出るので、「サムネール」にチェックを入れます。

チェックを入れると左側にサムネールが出ます。

画像の編集をする時にはサムネールを必ず出した方がいいです。

③ いらない部分をカットする

この画像で右側の部分をカットしていきます。

編集ツールを出します。

矢印の先のマークを押します。

そうすると編集ツールがでます。

ここでは点々の長方形を選択します。

するとこんな感じに長方形が出るのでカットする部分を選択します。

選択したら、矢印の先のマークを押すとカットできます。

「PDF書類を切り取っても、選択範囲外の内容は削除されません」と表示が出るので、「OK」を押します。

するときれいにカットできました。

④ 見開きがずれないように対策する

1ページがソフトカバーの表紙、2ページがソフトカバーの後ろのページにすると、本の本来のページがずれてしまいます。

要するに私のやり方でスキャンをする場合は、ページ数が変わって見開きがうまく表示されなくなります。

アプリで変更できますが、面倒だったりするので、この編集の時に直しておいた方が楽です。

ちなみに見開きにしたいなら、以下の画像のように見開きの最初のページは奇数に、次のページは偶数にするとうまくいきます。

ここまで小難しく説明しましたが、やり方は簡単です。

本編にいく前に1枚ページを追加するだけです。

実際に入れた真っ白のページは、事前に準備していた物です。

なんでもいいので真っ白のページなり、真っ黒のページなり、1ページをあらかじめスキャンして保存しておきます。

そしてこのデータをドラッグ&ドロップして入れたい部分に入れるだけです。

時々、入れた画像が変になる時がありますが、その時は変なデータをデリートして再度ドラッグ&ドロップするだけなので、試してみてください。

⑤ データをさらに追加する

例えはスキャンが失敗してデータを一部を消した場合、全てのページをスキャンする必要はなく、消したデータだけをスキャンして、そのデータを追加することが可能です。

消したデータ分を追加したい部分にドラッグ&ドロップするだけです。

まとめ

簡単に画像の編集について解説していきました。

私が自炊した当初は、この編集のやり方を知らなかったので、間違った部分やきれいにスキャンされなかった部分があったら、データを全て削除して、再度全部スキャンをし直すという面倒な作業をやっていました。

このやり方は時間がかかるし、何回も同じ本をスキャンするので、本当に大変でした。

なので、自分で自在に編集するやり方を知っていると本当に楽です。

今回はMacの場合になってしまいましたが、Windowsでもできます。

私も数年前はWindowsを使って作業していました。

多少アイコンが違うとは思いますが、サムネールを出したり、追加するデータをドラッグ&ドロップするのは同じなので、参考にしてもらうと嬉しいです。

では、また。

このブログを書いた人

ヒスイ
ヒスイ
1児のママ|夫は難病者| 看護師・保健師歴10年以上|節約と投資を実践|断捨離をして少ない物で生活中|楽に子育てする方法を模索|趣味:アニメと漫画をひたすら見ること|好きな言葉は「継続は力なり」

コメント

タイトルとURLをコピーしました